最短1ヶ月でエンジニアの資格を無料で取得

ITインフラ業界での就職を目指す
若者への応援プロジェクト

ABOUT

無料で
ITインフラエンジニアの
資格取得を支援

私たちは、年間数百名の採用面接などを通じ、他業種からITインフラ業界に関心​を持つ多くの若者たちと出会ってきました。みなさんは総じて真面目で勉強家です。​しかし、何を学ぶべきか、どの資格を取得すればいいのか​がわからず、迷い悩んでいる人が多いようです。​このような方々に、ITインフラエンジニアとしての可能性と選択肢を広げるため、効率的​な資格取得方法や的確なキャリアアドバイスを提供したいという思い​からこのプロジェクトは発足しました。​

INTRODUCTION

サービスの基盤を支える
大切なポジション

インフラエンジニアは、主にサーバーエンジニアとネットワークエンジニアの2つの職種に分かれており、情報の保管に関わるサーバーや、ユーザーと情報を結ぶネットワークなどを構築しています。言い換えれば、インフラエンジニアがいなければ、私たちが日常的に利用しているPCやスマートフォンなどのITサービスは成り立たないのです。検索、コミュニケーション、SNSの閲覧、音楽の再生など、現代社会で当たり前とされるさまざまな活動に不可欠な仕事です。
当社では、社会に不可欠なインフラエンジニアを育成するために、インフラエンジニア志望者へのアドバイスや、有益な資格(CCNA、AWSなど)の取得支援をすべて無料で提供しています。

COURSE コース紹介

各コースと
内容の説明

若者応援プロジェクトの各コース難易度と内容をご紹介します。

  • レベル01

    ITパスポート

    1.ITパスポート&ビジネス研修コース​
    ITエンジニアとしての基礎的な知識とビジネス研修を合わせた入門コース​です。IT業界に興味がある方は、まずはここから始めます。

  • レベル02

    LinuC101コース​
    AWS(CLF)コース​

    2.LinuC101コース​
    Linuxサーバー環境の構築・運用・保守をするために必要な操作と、システム管理を学習するエントリーコース​です。

    ​3.AWS(CLF)コース​
    クラウドの知識、AWSのサービスを学習する入門コース​です。

  • レベル03

    CCNAコース​
    AWS(SAA)コース​
    LinuC102コース​

    4.CCNAコース​
    ネットワークエンジニアを目指す方へおすすめです。​ネットワークエンジニアの基本的なスキルを認定するもので​、世界共通基準のネットワーク分野では最も有名な資格​といえます。

    ​5.AWS(SAA)コース​
    AWS(アマゾンウェブサービス) における分散システムの可用性・コスト効率・高耐障害性や、スケーラビリティの設計に関する資格​です。

    6.LinuC102コース​
    Linuxシステムの構築・運用・管理を目的として作られたレベルの試験​です。

ITエンジニアに
向いている方

■向いている人の特徴
1.責任感がある人​
2.人との会話が好きで楽しく感じる人
3.細かな作業が得意な人​
4.好奇心が旺盛で、自己学習能力がある人

FLOW 各コース受講の流れ

  • ステップ01

    入校審査・WEB面談

    エンジニアとしての素質を判断し、​難易度ごとの各コースに振り分けます。

  • ステップ02

    各コース学習

    1.AWS(CLF)
    2.SAA​
    3.LinuC101
    4.LinuC102
    5.ITパスポート&ビジネス研修 ​
    6.CCNA ※条件付きで無料になります。

    各コースの期間は約1ヶ月を想定しています。

  • ステップ03

    資格取得

    各種資格の取得に挑戦します。

  • ステップ04

    就職支援 or 受講終了

    資格取得後、就職支援もしくは受講終了となります。

VOICE 受講生の声

準備中

準備中
本コンテンツは現在準備中です。
公開までお待ちください。

FAQ よくある質問

Q. 未経験からでもインフラエンジニアになって活躍できる?

もちろんです。はじめは誰もが未経験。研修環境が整っている会社に入ればさらに安心です。 実際、代表自身も、ITエンジニアに囲まれたときは飛び交う用語がわからず「ここは外国か」と思うような状態からのスタートでした。
必要な専門知識を研修でしっかり学び、CCNAなどの技術資格を取得すればプロジェクトメンバーとしてアサインされやすくなります。また仕事をしていくうちに、さらなる知識やスキルは習得可能です。
そして大事なのは、仕事は一人でするわけではないということ。パソコンだけでなく人と向き合うコミュニケーション力もとても大切です。人と関わりたい・IT業界で働きたいと考えており、やる気と継続力を持てる人なら活躍できるでしょう。
エンジニアの求人は今後も多数あることが見込まれます。クラウド化が進むなか、インフラエンジニアの仕事はますます増えており、ニーズは高まる一方だからです。そのため専門性の高い職種ながら、未経験の方にも門戸は広い傾向にあります。 実際に当社では未経験からITインフラエンジニアとして活躍されている人が多くいます。

Q. インフラエンジニアはきつい?やめとけって本当?

実際のところどうなのか、現役のベテランインフラエンジニア、佐藤さんに聞いてみましょう。

▼佐藤さんの回答
正直一昔前は、「エンジニアはきつい」という印象がありましたが、今はそうは思わないですね。きついと感じる度合いは、個人の能力や案件の難易度・量によって個人差があるでしょうが、常にきついと感じることはないと思います。また、自分自身が成長することでそういう困難な状況を改善できる対応力も身につけることが可能です。
経験を積んで能力が上がっても、たまたま案件が重なったり、トラブルになったりなどで一時的に大変になることはありますが、それが常に続くことは私の経験ではありません。私の勤務する会社では工数管理をしっかり行っていますし、チームで柔軟に案件を振り分けて対応するため、一人に案件が集中することがないんです。そのためワークライフバランスを実現できている人が多数います。

Q. やりがいはありますか?

インフラエンジニアは縁の下の力持ちとよく表現されますが、本当にその通りで、IT化が進みITシステムなしでは生活ができなくなってきています。ITシステムやサービスを利用できるのは基盤であるインフラがあってこそです。そしてそのインフラを構築し運用しているのが、インフラエンジニアなのです。
お客様の喜ぶ顔を目の当たりにしたり、感謝されたり、テレビやネットニュースで話題になったりしたとき、社会的に影響力のあるシステムやサービスに携われていることを実感し、とてもやりがいを感じます。

COMPANY 企業情報

会社概要

会社名 株式会社エヌエム・ヒューマテック
役員 代表取締役会長:永島 誠二
代表取締役社長:三谷 一志
取締役営業本部長:友納 英彦
取締役(非常勤):関口 環樹(ユニアデックス株式会社)
監査役:石橋 信一郎
所在地 〒104-0032
東京都中央区八丁堀3-14-4
直平不動産ビル5階
資本金 2,700万円
認証取得 ISMS認証 MSA-IS-210
対象組織:営業本部、管理部、技術本部
対象事業:情報システムの企画、開発、構築および保守

アクセス

住所 〒104-0032
東京都中央区八丁堀3-14-4
直平不動産ビル5階
電話番号 03-6222-9420
アクセス JR京葉線・東京メトロ日比谷線「八丁堀駅」より徒歩2分

CONTACT お問い合わせ

受講のお申し込み、お問い合わせなどはこちらのメールフォームより承ります。
必要事項をご入力のうえ、「確認画面へ」ボタンをクリックしてください。

※メールの場合、ご返信が少し遅くなることがあります。
お急ぎの方は、直接「03-6222-9420」までお電話くださいますようお願いします。

入力した内容に間違いがありませんでしたら
「送信する」ボタンをクリックしてください。

必須お名前
任意電話番号
必須メールアドレス
必須お問い合わせ内容